Bijin Hada Club

Welcome!

停滞期のダイエット法

食事制限によるダイエットを実践していると必ず訪れてしまうのが停滞期。
それまで順調に体重を減らすことができていたにもかかわらず突然全く体重が落ちなくなる状態をいわゆる停滞期と呼ぶのですが、食事制限からくる体の生理的かつ正常な反応の一つなのです。
体に摂りこむカロリーが少ない状態が続くと体が消費するカロリーもセーブするようになり、人間が厳しい環境の中でも生き抜くための生理現象なのです。
しかしながら、このメカニズムを理解しておかなければただ単に、苦しい状態がつづくことからストレスを増幅させ、更なる体への負担を大きくしてしまうことになってしまいます。
このようにダイエットの停滞期を迎えた場合はとにかく、自分の体の状態を理解し、無理をせずストレスをためないようにすることが肝要です。
食事についても、体重が減っていかないからといってそれ以上に摂取カロリーを制限する子とは命を危険にさらすことになりかねません。
反対に、体重が減らないことから突然食事制限をやめてしまうことも大きなリバウンドを引き起こす原因ともなるため注意が必要です。
停滞期の食事は、摂取カロリーは現状を維持しつつも筋力を落とさないようにするために良質なたんぱく質を積極的に摂るようにするといいです。
脂肪分が少ないながらもしっかりとたんぱく質を補えるもの・・・たとえば、豆腐などの大豆が原料の食品や赤身の肉や魚、脂肪分の少ない鶏肉(ささみ肉)などがいいです。
タンパク質は筋肉を作る上で欠かせません。筋肉は代謝力を保つ上で必要不可欠。
なので、現状を維持しつつも消費カロリーを維持するためにはカロリーを抑えたたんぱく質をとる食事を心がけるといいです。

Copyright (C) 美人女性願望倶楽部 All rights reserved.